月夜の想いを徒然に…

lunazione.exblog.jp

タグ:アニマルコミュニケーション ( 10 ) タグの人気記事

相変わらず練習の日々

少人数ずつ、でもできるだけ毎日練習できるようにモニター募集させていただいて
ほぼ毎日アニマルコミュニケーションの練習をしています。
(今週はお休み週になりそうですが)

練習ももうすぐ70回に。
50回の折り返し地点を過ぎてから、やっと、感覚がつかめたような気がします。

どうしたらきちんとその子につながれるのか。

どうしたらコミュニケーションがとれるのか。

どうしたらメッセージを受け取れるのか。


やっと「間違っていたらどうしよう」という不安と恐怖心から解放されつつあります。
とは言うものの、未だに検証質問は苦手ですが(笑)
100回を超えたときには「これが私のアニマルコミュニケーションです」と言えるように
感覚を磨いていきたいと思います!

c0030675_16585159.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-11-02 16:58 | アニマルコミュニケーション

少しずつ、ひとつずつ。

すっかりブログを放置しておりました(汗)
が、アニマルコミュニケーションの練習は続けています。
まだ未熟で、毎回わずかな時間なのにそうとうエネルギーを消耗します。
しっかりグラウディングして集中しないとできませんし。
それでも、なんとか40回を過ぎました。
練習の目標は100回ですから、まだ折り返し地点にも到達していないけれど
少しずつ、なんとなく、進んできたような気がします。初めよりは(^_^;)

こればかりはセルフヒーリングのように自分ひとりで練習することはできず
必ず相手が必要になります。
未熟なコミュニケーションで、読み違うことも多くて
ご協力いただいたのにがっかりさせてしまうことも。
それでもご協力くださる方があって、なんとかやってこれています。
本当に感謝、感謝です。

c0030675_1521885.jpg

一時は本当にうまくいかなくて、凹みまくってもうやめてしまおうかなんて思ったことも。
でもすでにたくさんの方のご協力をいただいてるので
そんなところでやめるわけにはいかない!と思い直してがんばっています。

恥ずかしい思いも、失敗したな~という反省も「練習中」の今だからできること。
いつか120%の自信でコミュニケーションができるように
汗をかきながら、ひーひー言いながら(笑)まだまだがんばります!


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-09-26 15:03 | アニマルコミュニケーション

苦しい…

このところ、とても苦しいアニマルコミュニケーション(以下AC)が続きました。
ほとんどが生後3ヶ月~半年くらいのパピーちゃん。
飼い主さんとパピーちゃんのテンションが違いすぎていたり
気持ちがすれ違っていてお互いが全く違う方向を向いていたり…。
このような状況が垣間見えるとき、それを伝えるべきなのかどうなのか悩みます。
でも、伝えなければやってる意味がないし、手心を加えても台無しにするだけだし。

飼い主さんの反応も様々で
「やっぱり?これからがんばりまーす!」みたいな方もいれば
「しつけもお世話もこれだけやってるのにどうして?!」とどん底な気分になられる方もいるし
「ありえない」とお叱りを受けることも・・・(汗)

いつもいつもハートチャクラ全開になるACばかりでないことは承知しているけれど
このような場合は凹みますね。
いっそのこと「ハズレ」だった方がいいのかも・・・と思ったり
いや、いくら練習とはいえ自分のACに自信持てないまま伝えるのは失礼だと思ったり(苦笑)

こうして不出来なACにお付き合いくださる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
いつかお返しができるように、今はとにかく練習を重ねてまいります。
c0030675_1932044.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-06-17 19:03 | アニマルコミュニケーション

感想

ACのモニターですが、最近はこのブログ以外のところで募集させていただいてます。
理由は・・・集まりが良いから(^_^;)
とにかく数を多くこなしたいので、反応が早いというのは大変ありがたいのです。
(このブログはアクセス数少ないからね・笑)
一応目標としてる数があって…そこに向かってがんばっています。

回答したあとにいただくご感想。
「良かった!」と言っていただければ喜び
「う~~~ん・・・」と言われればがっくりし、一喜一憂(笑)

でも、どちらも大切。
「良かった」という感想をいただけば「次もがんばろう」と励みになります。
「的外れ」という感想をいただけば「どこをどう読み違えたのか」とか
「どう表現すればよかったのか」「どこまで踏み込んでよかったのか」と考えるきっかけになります。
いづれにしても感想をいただくことで、進化していけるんだなぁ~と実感しています。
c0030675_1582428.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-06-03 15:11 | アニマルコミュニケーション

禁断の領域 アニマルコミュニケーション 5

アニマルコミュニケーション(以下AC)の練習をしていて感じたことがあります。
それは、「答えはひとつではない」ということ。
えー?と思うかもしれませんが、ひとりのアニマルさんに複数のコミュニケーターが同じ質問をしたこともありましたが、答えは微妙に違っていました。
でも、それはそれでいいと私は思うんです。
たったひとつの出来事でも、多面的な要素を含んでいます。
どの角度からどう見るかによって導きだされる答えは変わってくるし、また正反対の答えになる場合もあると思います。
↑のときも、途中経過やディテールは違うものの、最終的にご家族に伝えたいニュアンスはほぼ一致していました。
(詳細が書けないので分かりづらいかもしれませんね・汗)

ですので、複数のコミュニケーターに依頼して同じ質問をしてもらった場合には
それぞれから違った答えを受け取るかもしれません。
しかし、そこから「どれが正しくて、どれが間違ってるのか」と考えるとあまりいい結果は得られないように思います。
複合的に捉えられる方が、よりアニマルさんを知る事になるのではないでしょうか。
コミュニケーターは様々な角度から物事を捉え、アニマルさんが答えやすい質問の仕方をアレンジする必要があるのは言うまでもありませんが。。


それからアニマルさんには「答えたくないこともある」ということ。
家族の側からしたら一番知りたいことは「調子の悪いところはないか?」など体調面かと思います。
病気になる前に対処したいと思うのは親心ですものね。
しかし、家族に大切にされてる子ほど、この事はあまり言いたくないように感じます。
「家族に心配をかける」のをできるだけ避けたいと思っていることが多かったのです。
とっても痛い思いをしてるのに「心配かけてごめんね」というアニマルさんもいました。
ですのでACの依頼をする時、質問によっては答えたくないこともあるんだということを
心に留めておかれるといいと思います。


と、まだまだ少数ながらも練習を続けてきて感じたこと。それは、

「ACは、動物と家族の絆を深める為のセラピー」

だということ。今の時点ではこのように感じています。
何かに導かれるように(というか腕を引っ張られるように?・笑)始めたACだけど
途中でふと「ACは何のため?」と思った瞬間もあったのです。

ACを行ったあと、アニマルさんたちはご家族への甘え度が高まる傾向にあるようです。
自分の気持ちを伝えられた、知ってもらえた、受け容れてもらえたなどの感情が
安心感や家族への信頼度を増すように感じます。
また、ご家族の側もアニマルさんたちの純粋さ、愛の深さに気づきさらに愛しくなるようです。
ACの回答を感じながら、書き起こしながら、アニマルさんたちの愛に触れて
私自身も何度もうるうるしてしまいました。
素晴らしい体験もさせていただいています。本当にありがたいです。

これまでに協力してくださった皆様、ありがとうございます。
まだまだ練習が必要ですので、今後もたくさんの方にご協力をお願いすることになりますが
どうぞよろしくお願いいたします。
c0030675_16242534.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-05-15 16:24 | アニマルコミュニケーション

初めての光景!

友人からアニマル・コミュニケーション(以下AC)を頼まれました。
おしっこが出なくなって、病院で処置してもらったけどまだ出づらいらしく
何度も何度もトイレに行ってるそうで・・・。
痛みがあるのか、何かして欲しいことがあるのか聞いて欲しいということでした。

練習中の私にどれだけ聞けるか不安もありましたがチャレンジ!
ACしてみると今は痛みはないけれど、おしっこが少ししか出せないことに戸惑っているようでした。
その途中「ヒーリングしたらどうかな?」と思い、やってもいいか聞いてみるとOKのお返事。
早速レイキを始めたら・・・

その子の周りにガイドたちが集まってるイメージが!
ACをするときには様々なスピリチュアル・ガイドたちにサポートをお願いするのですが
その面々がぐるりと取り囲み、状況を確認してるみたいな光景がババーンと出てきてびっくり。
さらにヒーリングのエネルギーが光の矢のように飛んでいっては
塊をパーン!パーン!と破壊していく光景が広がりびっくり(@_@)
ここまでの光景を視覚的に体感したことはなかったので一瞬驚きましたけど
「これはいい兆候だ」と信じて続けました。
と言ってもほんの10分くらいでしたけれど。
それから別のメッセージを受け取って終了、友人に報告しました。

すると翌朝には普通の量のおしっこが出たそうです。三度びっくり(笑)
(詰まっていた結晶の角が丸くなってきて通りやすくなったようです)

これで治ったわけではなく、決めかねていた治療方針を決めることができて
それに沿って今後も進めていくとこのこと。
まだしばらくは時間がかかると思いますが、最適な方法で解決に向かうことでしょう。

それにしても、ACの練習を始めてから視覚が鮮明になってきました。
今回は初めての光景を目の当たりにしてワクワクしてしまいました(^_^;)
練習を重ねて、視覚も聴覚ももっと磨きをかけていこうと思います!
c0030675_140521.jpg



※ヒーリングは病気を治すものではありません。
 今回のことは、ヒーリングが自然治癒力を高めるサポートになったのだと考えています。
 何よりも本人の力によるところが一番大きいのです♪




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-05-08 20:24 | アニマルコミュニケーション

禁断の領域 アニマルコミュニケーション 4

アニマルコミュニケーション(以下 AC )の練習、始めています。
今のところ、コミュニケーションを申し出てアニマルさんから断られることはなく
何とかお話させてもらってます。楽しいです。

アニマルヒーリングの中でも、アニマルさんからメッセージはいただいているので
これも一種のACではありますが
「質問」があって、それに対する「返事」を的確にもらうというのは
一方的にメッセージを受け取るのとは違って、複雑さを感じています。
アニマルさんにも当然個性があって、おしゃべりが得意な子がいれば寡黙な子もいますから
ACの最中は集中して、視覚・聴覚・感覚など全てをフル稼働!といった感じです。

そして一番難しいのは、やはりご家族への伝え方でしょうか。
もともと非言語な対話を言語化して、分かりやすくお伝えしなくてはなりません。
何をどのように伝えるのか?
今はメール等の文面でお返事していますので、いざキーボードに向かったときに
しばしば固まっています。私(笑)
まだまだ「日本語を覚えたばかりのカタコトでしゃべる外国の人」みたいな状態です(汗)

それに「私」というフィルターを通していることを肝に銘じなくてはなりません。
アニマルさんとご家族の間に「私」という「他人」が介在するのです。
ヒーリングのようにただエネルギーを通すだけならまだいいのですが
ACは「私の言葉」を使いますし、少なからず「私」というものが反映されてしまいます。
情を入れず、判断せず、できる限り平静でいることを心がけています。

今はとにかく練習あるのみ。
ACの上達するコツは「練習すること」これに尽きるようです。
ヒプノセラピーもそうでした。
リンダ博士の口癖は「プラクティス!プラクティス!プラクティス!!!」でしたものね(笑)

私のつたないACでも、ご家族とアニマルさんの絆が深まったというような
ご感想をいただくこともあり、励みになっています。ありがとうございます。
まだまだがんばります!


つづく。

c0030675_13292428.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-04-30 13:29 | アニマルコミュニケーション

禁断の領域 アニマルコミュニケーション 3

やれるかも?!とは思ったものの
アニマルコミュニケーションというのは、どのようなメソッドなのか?
知り得る為にはやはりセミナー、ワークショップに行くものよね・・・。

行きたい・・・。

が、今はダメだ。

おちびちゃんはやっと昼間の留守番が平気になってきたところ。
しかし今のところ長くても2時間ちょっと。
1年近くがんばってやっとここまでたどり着いたのに、いきなり長時間の留守番させて
台無しにはしたくない!

そこで自宅学習(笑)を選択。
調べてみればCDやDVDも出てるし、メールレッスンなどもある。
有名なところではやはりローレン・マッコールさんでしょうか。
でも、私が惹かれたのはninaさん。
ninaさんのDVDを購入したという方に感想を伺い、早速私も入手してみました。

すると、そのほとんどが私にとって馴染み深いものばかりでした。
これとこれを組み合わせて、これをここで使うのね、フムフム。
で、「あれ?これほとんどヒプノセラピーの世界だなぁ」というのが私の第一印象。
(あくまでも私の第一印象ですよ。もちろんヒプノだけじゃないのよー。)

ん?あ、そうか!とここで気づいた事が・・・。

自分の中では封印状態だったヒプノセラピー。
なのに昨年暮れ頃から再びヒプノへの思いというか感心が湧き上がってきて
「来年からやります」なんて言ったんですよね、私。
なので分厚いテキストやら資料やら引っ張り出してきて見直ししてたんです。
それなのになかなかヒプノを再開しない自分がいて
「なんでやらないんだろう?私?」と思ってたんですけど・・・

「あ、そうか!ヒプノはこのアニマルコミュニケーションに繋がってたのか!」と
DVDを見てやっと気がついたのでした。遅っっ(汗)


つづく。
c0030675_2243317.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-03-31 21:44 | アニマルコミュニケーション

禁断の領域 アニマルコミュニケーション 2

興味を持ってしまったアニマルコミュニケーション。
アニマルコミュニケーションといえば
コミュケーターと呼ばれる人が動物とコンタクトを取り
受け取った何らかのシグナルを言語化して飼い主さんに伝えるのが一般的なようです。
また、催眠療法を使ってアニマルコミュニケーションを行う方もいらっしゃるようで
その場合はセラピストが誘導して、飼い主さん自身が動物とコンタクトを取って
コミュニケーションを行うようです。

そこで、「あれ??そういえば・・・」と気づいたことが。

ヒプノセラピーの中に、まるでアニマルコミュニケーションのようなものがあるのです。
以前ヒプノのセッションでも行っていた「内なる助言者(ハイヤーセルフ)に出会う瞑想誘導」です。
体験した方はお分かりと思いますが、この瞑想の中で「内なる助言者」はたいてい動物の姿をして
現れます。そしてその動物と会話を進めていくのです。
言ってみればこれはすでにアニマルコミュニケーションなのでは・・・?

「それならば私にもできるかも?!」という思いがムクムクと(笑)

つづく。
c0030675_16543859.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-03-25 16:47 | アニマルコミュニケーション

禁断の領域 アニマルコミュニケーション 1

ワタクシ、とうとう禁断の領域へ片足突っ込んでしまいました。
アニマルコミュニケーションです(汗)

ずっと避けて来たんですよね。
自分の犬ともっとしっかりコミュニケーション取りたいし
会話なんてできちゃったら最高!と思うものの
「アニマルコミュニケーション」ってのはどうも違うなぁ~と思ってたんです。
見たり聞いたりするリーディング結果に「情」が入りすぎてる気がして
なんだかむず痒い感じがしっちゃって。

それなのに、少し前にある方のリーディング結果を見て気持ちが動いてしまいました。
冷静だし核心を突いてるなぁと感じたんです。
それでちょっと興味が出てきて、検索かけてはあちこち覗き見して・・・。
あっという間に片足突っ込むところまで来てしまったのです。

つづく。
c0030675_17424641.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-03-23 15:07 | アニマルコミュニケーション