月夜の想いを徒然に…

lunazione.exblog.jp

<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

我が家の薬箱 痛~い!時の強い味方

ナツシロギク Feverfew / Tanacetum parthenium

私の偏頭痛、眼精疲労による頭痛、夫の血圧が高いときの頭痛
風邪を引いた時の頭痛、関節痛、
クララ嬢が脚を痛めた時…などなど
我が家では「痛い!」ときにはナツシロギクです。
これに出会ってから「鎮痛剤」とさよならしたのはいうまでもありません^^
薬剤と違って、空腹時だっていつだって気にせず飲めますし。

ナツシロギクが痛みに作用するのは
血管の収縮反応を抑える作用があるからだそうです。
他にも作用のメカニズムが書かれた資料がありますが
専門家ではないので、ここに記載するのは控えたいと思います。

鎮痛剤を飲み続ける…ということに
私は恐さを感じていました。
同じように感じる方がいらしたら
ナツシロギクを試してみる価値はあると思います。

ただ、子宮の活動を刺激する作用があるので
妊娠中の方は使用しないように。
またキク科のアレルギーがある方も注意した方がいいかもしれません。
痛みが治まってもアレルギーが出たのでは辛いですからね。
c0030675_18315147.jpg

ハーブアイランドへ行った時(GW中だったかな?)
ナツシロギクの苗を買ってきていました。
ただいまベランダの小さなプランターで成長中。
小さなお花の赤ちゃんが顔を出しました~♪
[PR]
by lunazione | 2005-07-25 18:32 | メディカル・ハーブ

十八夜 『地震!』

夕方、大きな地震がありました。
震源地は千葉県北西部・・・まさにくらら地方です(>_<)
このあたりは震度5弱だったようです。
千葉だけじゃなくて関東圏内広く揺れたようですが
皆様のところに被害はないでしょうか?
[PR]
by lunazione | 2005-07-23 19:24 | 第3四半期(非更新)

我が家の薬箱 私のアレルギー性鼻炎・三種の神器

子供の頃からアレルギー体質。
小学生の頃からアレルギー性鼻炎…そのまま今も。
鼻炎薬や風邪薬を飲みまくってた私ですが
これらのハーブサプリメントに出会ってから
鼻炎薬を全く飲まなくなりました。
鼻炎薬も点鼻薬も目薬もさよならしました*^_^*)

薬剤と違うので、全ての人が私と同じように感じる訳ではありませんが…
もしもこういうものを探してる人がいたら参考になるかしら?と思って紹介します。
私の三種の神器です(笑)


ネトル(イラクサ) Nettle / Urtica dioica
くしゃみ、鼻水の時に飲みます。
毎日1カプセル飲んでいますが、むずむずしたらさらに飲みます。
症状がひどい時には3~5カプセル飲んじゃいます。
これでむずむずやくしゃみにさよなら。

アイブライト Eyebright / Euphrasia officinalis
目がかゆくなったらすかさず数滴飲みます。
かゆ~い…と目をこすらずにすみます。

パウダルコ(タヒボ) Pau d' Arco / Tabebuia impetiginosa
ネトルを飲んでも解消されなかった私の鼻詰まり…
でもこれを飲んだら鼻が通るんです~。
これを鼻詰まり解消のために飲んでるのって私くらいかも(^_^;)
抗癌・抗腫瘍作用などが主に知られてるハーブですものね。


ネトルはフレッシュフリーズドライのカプセル。
アイブライトとパウダルコはチンキ剤を愛飲しています。
共にアメリカ E 社のものです。
普通の花粉症の人はネトルとアイブライトでずいぶん緩和されるみたいです。
でも私は重症なので(笑)パウダルコも必需品!なのです~。

ネトルはずいぶんたくさんの友人に紹介しましたが
ある友人2人の花粉症には全く???でした。
ちなみに2人ともお酒大好きさん♪
なのでもしかしたらアルコールをたくさん摂取される方には
期待できないかもしれませんね。
[PR]
by lunazione | 2005-07-20 21:33 | メディカル・ハーブ

十日夜・上弦 『残念…』

申し込んでいたリフレクソロジーのセミナーが中止になったと
メールが届いた。
あぁ~楽しみにしてたのに。残念。

でも…これって何?
もしかして…
[PR]
by lunazione | 2005-07-15 23:58 | 上弦(非更新)

九日月 『放置ですみません』

最近、起床時間が朝4時前で…
夜も9時を過ぎると深夜の気分になります(笑)
なのでついついパソコンから遠ざかり
ブログも本サイトの更新も滞ってます~~~。。

すみません、気合入れなおしますm(__)m
[PR]
by lunazione | 2005-07-14 05:42 | 第1四半期(非更新)

二日月 『蓮の花』

昨日は新月でしたね。
昨日の朝、近くの公園へ蓮の花を見に行きました。

c0030675_144833.jpg
千葉市の花は「大賀蓮」で、千葉公園で見ることができますが、ここの公園にあるのは「舞妃蓮」という名前だそうです。蓮の花を見るのはやはり早朝でないとだめですね~…昨日は朝と言ってもちょっと遅かったので花はいまひとつ。なので写真は先日の早朝に夫が撮ってきてくれたものを。

c0030675_14482010.jpg

開ききる前の花の様子はとても美しいですね。
まるで中に光をたたえているような…
でもこの「舞妃蓮」という名前は花の散る様からつけられたようです。

こちらは睡蓮だったかしら?
c0030675_14402437.jpg

水面で咲くこの花は静かにそこに「ある」とう感じでした。

大賀蓮も見に行きたくなりました。
[PR]
by lunazione | 2005-07-07 15:47 | 第1四半期(非更新)

二十八夜 『触れることの大切さ』

c0030675_16193218.jpgクレア・マクスウェル=ハドソン著のアロマテラピー・マッサージブックの中にこう書いてあります。

『人生はエネルギーを使うもの。マッサージはエネルギーを取り戻すもの」と、私は考えます。マッサージの基本は触感にあります。マッサージの「温かさと安心感」は丈夫に生きるのに必要なこと。』と。


数年前、本格的にアロマテラピーを学び始めた頃に
「うちの会社で働かない?」と社長である知人に声をかけられました。
メディカルハーブ・サプリメントの輸入販売をする会社でした。
「仕事しながらハーブの勉強ができるでしょう?」という言葉に甘えて
当時の派遣の仕事を辞めて転職しました。
確かにそこで扱っている商品は素晴らしく、私も今でも愛用しているのですが
社長はその商品以外は全てNGという考えの方でした。
(アロマテラピーはもちろんフラワーエッセンスもハーブティも(^_^;))

「今ごろアロマの勉強始めたって遅いわよ。アロマで何が治るの?何も治らないでしょう?
このサプリを飲んでればいいのよ!」と言われた事が私の中にずっと残っていました。
今でも時々頭をよぎりますが…

最終的にはどれも「心の健康・体の健康」という所へ行き着くのかもしれない。
でもそれぞれのアプローチ、方向性が違うのだから
どれが必要でどれが不要なのかは、ひとそれぞれあっていいのだと思う。

確かにサプリを摂ることで体質が改善されるかもしれない。
アロマで病気が治るわけではない。
でも「サプリを摂る」事にはない醍醐味が
アロマテラピーには、トリートメントの中にはあると思う。

アロマの醍醐味はやはり「触れること」

セラピストの手が触れて初めて、意識していなかった自分の体の感覚に気づく…
温かい手でオイルを滑らせていく、ただそれだけで固まっていた体がほぐれていく…
トリートメントをする事で、いらなくなった古いエネルギーを手放し
新しいエネルギーを取り込んでいく。
理屈ではなく、クライアントとセラピストの交流によってできる事。
そんなトリートメントが私は大好き。
社長の言葉に押されて、勤めている間は勉強から離れてしまったけれど
会社を辞めた後、めげずに学び続けて良かったと本当に思う。

これからも足を運んでくださった方が、肩の荷を下ろして帰っていただけるように
精進してまいります~m(__)m
[PR]
by lunazione | 2005-07-04 16:59 | 第4四半期(非更新)