月夜の想いを徒然に…

lunazione.exblog.jp

禁断の領域 アニマルコミュニケーション 4

アニマルコミュニケーション(以下 AC )の練習、始めています。
今のところ、コミュニケーションを申し出てアニマルさんから断られることはなく
何とかお話させてもらってます。楽しいです。

アニマルヒーリングの中でも、アニマルさんからメッセージはいただいているので
これも一種のACではありますが
「質問」があって、それに対する「返事」を的確にもらうというのは
一方的にメッセージを受け取るのとは違って、複雑さを感じています。
アニマルさんにも当然個性があって、おしゃべりが得意な子がいれば寡黙な子もいますから
ACの最中は集中して、視覚・聴覚・感覚など全てをフル稼働!といった感じです。

そして一番難しいのは、やはりご家族への伝え方でしょうか。
もともと非言語な対話を言語化して、分かりやすくお伝えしなくてはなりません。
何をどのように伝えるのか?
今はメール等の文面でお返事していますので、いざキーボードに向かったときに
しばしば固まっています。私(笑)
まだまだ「日本語を覚えたばかりのカタコトでしゃべる外国の人」みたいな状態です(汗)

それに「私」というフィルターを通していることを肝に銘じなくてはなりません。
アニマルさんとご家族の間に「私」という「他人」が介在するのです。
ヒーリングのようにただエネルギーを通すだけならまだいいのですが
ACは「私の言葉」を使いますし、少なからず「私」というものが反映されてしまいます。
情を入れず、判断せず、できる限り平静でいることを心がけています。

今はとにかく練習あるのみ。
ACの上達するコツは「練習すること」これに尽きるようです。
ヒプノセラピーもそうでした。
リンダ博士の口癖は「プラクティス!プラクティス!プラクティス!!!」でしたものね(笑)

私のつたないACでも、ご家族とアニマルさんの絆が深まったというような
ご感想をいただくこともあり、励みになっています。ありがとうございます。
まだまだがんばります!


つづく。

c0030675_13292428.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by lunazione | 2009-04-30 13:29 | アニマルコミュニケーション